未来への大分岐 資本主義の終わりか、人間の終焉か?
未来への大分岐 資本主義の終わりか、人間の終焉か?
 
著者名:マルクス・ガブリエル/マイケル・ハート   出版社名:集英社
商品説明文:利潤率低下=資本主義の終わりという危機は、資本の抵抗によって、人々の貧困化と民主主義の機能不全を引き起こしたが、そこに制御の困難なAI(人工知能)の発達と深刻な気候変動が重なった。我々が何を選択するかで、人類の未来が決定的な違いを迎える「大分岐」の時代。世界最高峰の知性たちが、日本の若き俊才とともに新たな展望を描き出す!
発売日:2019年08月09日


var.20191122
Supported by 楽天ウェブサービス
楽天ブックス
ブックスTOP
おかいものナビ